4月 17 2014

すばらしいしつけ方

Posted by admin in 日常・雑感

3姉妹の末っ子にあたる親友が、彼女自身の母と、一番上の姉の母親ぶり(2児の母)を比べていました。親友は、お姉さんが上の子供のしつけをするときに、あなたは年上なんだから我慢しなくちゃ駄目とか、お姉さんだからこう、とかいう風にしつけているのを見て、改めて彼女自身の母親が、どれだけ平等に3姉妹を育ててきたかわかったそうです。お菓子を選ぶ順番はいつも交互、マンガを読む順番も交互、見たいテレビ番組を選ぶのも交互、お手伝いの順番も平等、お姉さんだから我慢しなくちゃいけないとか、妹だから優先されるというのはなかったそうです。今日お姉さんからお菓子を選んだら、明日は真ん中、あさっては親友といった風に、いつも平等なんだそうです。ただ、洋服だけはお下がりだったみたいですね。サイズばっかりはどうしようもないですから。でも、普段から平等にしつけをされていたので、お下がりの服でもあまり不満はなかったそうです。一つのいいしつけが、子供の心を上手く掴んでたみたいです。なので、親友はお姉さんがする子供のしつけに不安を感じているみたい。でも、実際子供のいない私たちには、わからないこともあるはずなので、口出しはしないそうです。これもきっと彼女のお母さんのおかげなんだと、私は思います。自分がわからないことには口をつっこまない、経験して無い人に何か言われるって、不公平だと思いません?たぶん、親友は母親のしつけから、それを体で学んだんだと思います。親友も、きっと将来ステキなお母さんになること間違い無しです!

4月 02 2014

突然が家族増える!?

Posted by admin in 日常・雑感

我が家には華子と名づけられた小動物がいます。華子は、実は近所のパチンコ屋の駐車場で拾われた子です。本屋へよく行く私の近道として、パチンコ店の駐車場を通り抜ける事がたま~にあります(たまにですよ、たまに)。ある日、いつもの様に本屋と、買い物の帰りに駐車場を通り抜けようとしたとき、この華子が飛び出してきたのです。思わず車を止め、駆け寄りました。最初は少し驚いていたようで後ずさりしていましたが、たぶんもともとどこかで飼われていたのでしょう、駆け寄ってきてひざの上に飛び乗ってきたんです。泥だらけのこの子を家へ連れて帰り、バケツのお風呂に入れてあげて、買ってきたドッグフードをあげました。よほどお腹がすいていたのでしょう、がつがつ食べた後、そのあとかご代わりに使っていた洗濯籠の中ですやすや寝始めてしましました。張り紙などをして飼い主さんを探しましたが見つからず、動物好きの我が家で飼う事に。花子ではなく華子と命名したのは、皆とはちがう特別な名前にしたかったからです。愛称はハナちゃんで、いつもくりくりの目をして私を見つめてくれます。今では、拾ってきたときにがりがりだった華子も、通常サイズで、一安心です。新しい家族って、突然やってくるんですね(笑)。

3月 30 2014

悩む時間も楽しいプレゼント選び

Posted by admin in 小説・本

小鳥が大好きな友人へ、誕生日に小鳥を買ってあげると約束しました。自分で飼った事が無いので、図書館へ行って、小鳥を飼うために何が必要なのか調べる事にしました。小屋、えさかご、水入れ、おもちゃ・・・などなど、一通り目を通しました。動物をプレゼントするとなると、本人が欲しいと思う相手(ペット)、こう、お気に入りとかあると思うので、買いに行くのは一緒に出かける予定です。近くにあるペットショップも何件か確認しておきました。いるもの一式をその日に揃えてあげたいので、どこで何が買えるのか、品揃えを確認しておきたかったんです。各お店によって取り揃えているものが結構違うんですね。彼女にとって小鳥を飼ってあげる日=新しい家族が増える日ですが、一日がかりになりそうです。彼女も、いまからどの種類を買うか考えてるようです。女の子にとっては、考えている時間が楽しい時だったりするので、買いに行く日まで、まだあと2週間ぐらいいありますが、その日が来るまで、一生懸命なやんで欲しいと思います。私も、そのプレゼントとは別に、小鳥のいっぱい載った写真集を買う予定にしてます。本当に小鳥大好きなので、写真集も合わせて喜んでくれるといいなぁと思ってます。

3月 18 2014

公園で出会う人々

Posted by admin in 日常・雑感

私の家の近くには、とても綺麗な公園と、整備の整った散歩道があります。普段は仕事で忙しいのですが、時間があると、そこへ散歩に行くようにしています。いつもいる人は大体決まってるんです。屋根付きのピクニックテーブルのところではとにエサをあげている老夫婦。池が見えるベンチに座って読書を楽しむおじさん。ランニングをしている若いカップル。柔道かなんかの練習をしている学生の男の子たち。たまに見かけるのが、ダンスの練習をしている数人の女の子達。みていると、なんだかいいなぁと思います。日本庭園みたいなセクションもあって、近くの大学生かなんかがお手入れしているみたいで、いつもきちっとしています。小さい池には、鯉が泳いでいて、私もたまに固くなったパンとか持ってきてあげています。運がいいときはカメがにょきっと顔を出してこんにちはしてくれます。季節ごとに見れる動物達も違って、春になると子連れの鳥。夏になるともっと多い数の鳥達が水を飲みに。秋になると鈴虫とかコオロギの声がします。冬は、まぁ比較的静かですね。でも、一年を通していろいろ違う顔をみせるので、いつ行っても飽きません。これからも、こういう公園が増えればいいのになぁと思う今日この頃です。

3月 09 2014

朝のお手本となるべく

Posted by admin in 日常・雑感

朝、バス停までにあるいくつかの横断歩道で、今日は面白いことがありました。人通りの少ない道で、朝の忙しいときでも、10人ぐらいしか見かけません。白線の数が10にも満たない横断歩道がいくつかあり、車もほとんど通らないので、バスに遅れそうなとき、赤信号でもたまーにわたってしまう事があります(本当はいけないですけど・・・)。今日も、実はちょと寝坊して焦って家を出た私。いつもランチになるお弁当を買うコンビニまでダッシュ、おにぎりとデザートを買い込んで急いでバス停へ。そんな急いでるときに限って、横断歩道で、赤信号となりました。いつもなら、人数も少ないし、ささっと渉ってしまうのですが、今日はやめておきました。だって、向かい側に、近くの小学生達がずらっと並んでいたんです。みたところまだ1年生??遠足かなんかなんでしょう。みんな2列にならんで、担任の先生らしき人達が回りにいました。さすがに、小学生の目の前で信号無視はどうかと思いまして・・・。なんだかんだいって、大人は子供のお手本とならなくてはいけないと思うので、こんな時ぐらいはちゃんとしようと思いました。信号が変わった瞬間、小走りで子ども達の横を走りぬけ、バス停へ。なんとかぎりぎり間に合いました。子供のお手本となれるよう、寝坊も気をつけます(笑)。そしたら信号無視しなくていいしね。

2月 23 2014

連載小説の私の読み方

Posted by admin in 小説・本

雑誌や週刊誌に掲載される連載系の小説が大好きで、図書館、カフェなどで友達と待ち合わせの時などによく読んでいます。もともとあまり読書が好きなわけではなく、読む速度も遅いので、趣味として読書をした事がありません。ですが、週刊誌などに載せられる小説、連載ものなどは短くて、一気に読めてしまうのがいいですね。読む量もある程度決められているため、なんなく読んでしまいます。でも、たまに続きが気になってしかたないんですよね。この二人の恋愛はどうなるんだとか、犯人はだれだとか。でも、面白い事に一度に全てのページを渡されてしまうと、読む気が失せてしまうのです。限られた量、制限されるともっと読みたくなる、こういった心理作戦が働いていると思います。あまり雑誌自体を読まないので、雑誌自体は買わずに、読める場所で小説の部分だけを読みます。特集などで自分の好きなものがある場合は買いますが、それ以外は買いません。昔は買っていましたが、場所をとるし、読まない部分が多い事に気づいたので、少しでも節約しようと思って買うの止めました。先月号で終わったある連載小説が文庫本になると書いてありました。あまり文庫本は買いませんが、結構面白かったので、また読むだろうと思って購入予定です。

2月 02 2014

何事もバランスが大事です。

Posted by admin in 日常・雑感

何事もバランスだと思って毎日を過ごしています。仕事を程よく、遊びを程よく、飲むのも程よく、漫画を読むのも程よく、全てバランスだと思うんです。仕事ばっかり、家事ばっかりでは、息が詰まってしまいす。でも遊んでばかりいては生活が成り立ちませんよね。なので、すべてバランス良くするのが大事だと思うんです。高校時代の友達は、就いた仕事が大好きで、仕事ばっかりしています。趣味と仕事が重なっているから、心のバランスも上手く取れているんでしょう。うらやましい限りです。私は、今の仕事が第2希望だったので、嫌いではありませんが、一生続けたいわけでもありません。なので、やらなくてはいけないことは全てこなしますが、無理強いして、出世しようとも思ってもいません。炊事洗濯も、全部します。疲れない程度に頑張ってます。今日はしんどいなぁというときは、出来合いのお惣菜をスーパーから買ってきたり、コンビニからお弁当を買ってきたりして、炊事洗濯が重荷にならにようにしています。お酒も少し飲む程度で、翌日二日酔いになったことはまだありません。漫画を読むのが大好きで結構読みますが、一日中読んだりはしません。たまに走ったり、ストレッチをしたり体を動かすことも忘れません。食事もバランスよくが大事です。結構うまくいっているので、これからもこのモットーで生きて行きたいと思っています。

1月 28 2014

好きな人は小説の中

Posted by admin in 小説・本

「どんな人がタイプ?」この手の質問に、どう答えるでしょうか。優しい人とか、おもしろい人とか、あるいは芸能人や有名人の名前とか、そんな答えが一般的かなと思います。けれど私は最近まで、この手の質問をされると、小説のなかの登場人物しか思い浮かびませんでした。同じ小説を好きな友達同士だとそれで充分盛り上がれるのですが、たいていの人はそうではありません。まさかそのキャラクターの名前を出すわけにもいかず、そのキャラクターの特徴をあげるようにしていました。漫画のキャラが好き、という人も多いと思いますが、私の場合はなぜかいつも小説の登場人物でした。多分、文章から好きなように自分で空想できるのが良かったんだと思います。そんな私ですが、最近ちょっと進歩しました。いつも好きな登場人物の特徴をあげる私の話を聞いていた友人が、「ぴったりな人がいる」と紹介してくれた人。最初は全然乗り気じゃなかったのですが、実際に会ってみてびっくり。本当に私の好きな登場人物に似ているんです。実在の人ではないのでこういうと変な感じですが。共通の小説好きに話したらめちゃくちゃうらやましがられました。今は、この幸運を何とか次につなげたいなと、ガラにもなく女子力をみがいていいます。

1月 15 2014

ライトノベルをめぐる戦い

Posted by admin in 小説・本

私は小説であれば軽いものから真面目なものまであまりジャンルを問わず好きです。もともとは真面目な小説しか読まなかったのですが、それは家庭環境がそうだったからで、中学ぐらいになって友人の影響を受けるようになってくると、ぐっとライトノベルにはまっていた時期がありました。そのときに意外だったのですが、堅物と思っていた父親よりも、母親の方が理解がなかったんです。確かによく考えると父親は意外と漫画が好きだったりして、素養はあったのかもしれません。けれど母親は私がライトノベルを読んでいるととにかく嫌な顔をするもので、しかも思春期真っ只中の私、それでしょっちゅう喧嘩になっていました。後で分かったのですが、母親は漫画に対しても良い感情を持っていなかったみたいです。そんなわけで私は、ライトノベルはこっそり読むという変な癖がついてしまいました。ただ、そんな母親の態度が軟化したのは、なんとお隣さんのお母さんが漫画を書く人だったこと。そのお母さんとはかなり仲良くしていたので、そこからちょっとだけですが理解ができたようです。おかげで、さすがに母親が読むようなことはないものの、普通にライトノベルや漫画を読んでいても、何も言われなくなりました。隣のお母さんに感謝、です。

12月 29 2013

ご飯のおいしそうな話

Posted by admin in 日常・雑感

ご飯のおいしそうな小説ってありませんか。ドラマや映画やはたまたアニメなんかでもそういうことはあるんですが、文字情報と空想だけに頼る小説のなかで、ご飯をおいしそうに見せるってすごいことだと思います。現代社会を舞台にした小説でも、時代物でも、はたまたファンタジーでも、ご飯がおいしそうな小説って大好きです。もちろん甘いものも。で、実際に食べてみたくなり、私はよく再現に挑戦したりします。料理本と違って明確な正解が示されているわけではないので、成功したときはおいしいと思うのですが、本当にそれが成功なのかは謎です。それはそれで楽しいのですが、やはり忠実な再現を目指したいのもファン心。そんな私が最近嬉しかったのは、私がずっと好きだったファンタジー小説のなかに出てくる料理についての本が出版されたこと。やっぱり同じことを考えていた人はいるんだなあと嬉しくなりました。本屋さんで買おうかどうしようかしばらく迷っていたのですが、やっぱり一度忠実な再現をしてみたいという思いが高じて、その料理本を購入してみました。家に帰って早速見てみると、これがクオリティーが高いんです。作った料理を食べながら小説を読み返していると、登場人物たちの気持ちがもっとリアルに感じられたりします。食ってやっぱり大事なんですよね。

密かな楽しみ……。

あまり大きな声では言えないんですが、私には密かな趣味があります。
それは官能小説を読む事です。
こう言うと欲求不満なの? と思われがちですが、そういうわけで読んでるのではなく、文学的に優れているから読んでいるのです。
耽美な表現、細かな描写……すごく勉強になるんですよ!
あとやっぱり……刺激的な読み物を読むのは良いリフレッシュになります(笑)